会社概要

創    立 昭和60年6月
資 本 金 1,000万円
決 算 期 3月
代表取締役社長 対馬 孝
本    社 〒180−0013
東京都武蔵野市西久保3−2−1
アルベルゴ武蔵野205号
TEL:0422(53)3371
FAX:0422(53)3293
営 業 部
技 術 部
工   場
〒180−0013
東京都武蔵野市西久保3−8−2
TEL:0422(53)2131
FAX:0422(53)2132
主要取引銀行 多摩信用金庫 武蔵野支店
みずほ銀行 三鷹支店
東京都民銀行 三鷹支店

JR三鷹駅北口下車 徒歩12分/バス4分武蔵野保健所前下車 徒歩1分

事業内容

主要納入先

旭松食品(株)、一正蒲鉾(株)、華正樓商亊(株)、大山豆腐(株)、オリヒロ(株)、(生協)コープこうべ、四国化工機(株)、ソーダニッカ(株)、第一三共プロファーマ(株)、東京食品機械(株)、日水製薬(株)、日東ベスト(株)、日本水産(株)八王子工場、(株)堀川、(株)松屋フーズ、(株)ヤマザキエンジニアリング、紅梅食品工業(株)、山崎製パン(株)全国26工場、(株)木田製作所、東京グリコ(株)、(株)ライフフーズ、(株)アースシステム二十一、(株)ブラザー機械工業

主要仕入先

アーモア・ジャパン(株)、(株)アースシステム二十一、(株)エムエスティ、(株)木田製作所、(株)シンメイ、ゼネラル(株)、(株)第一包装機製作所、ダイニック・ジュノ(株)、(株)テック、常盤工業(株)、(株)ブラザー機械工業、(株)町田製作所、本電興(株)、(有)豊精工、(株)リコー、(株)ファブリカトヤマ、(株)インターパック、ビデオジェット(株)

沿革

昭和60年6月  豆腐包装システムエンジニアリング事業として営業開始。
主に包装機械、殺菌冷却装置、搬送システム、自動化設備の設計、製作、施工、販売。
昭和62年10月 (株)エヌ・ティ・サンキ(富山県)設計、製作会社と販売業務提携。
機種(自動包装機、省エネ冷却槽、自動コンテナー詰め装置)同年、生活協同組合コープこうべ様より、豆腐包装機H/5000T2台 H/3000T3台受注
昭和63年3月 全国に販売店(豆腐業界特約店)を作り、自動包装機の販売強化を開始。
昭和63年7月 業界の実績が評価され、朝日食品工業(株)行田工場より豆腐容器の成型機1基容器ごとトリミング充填包装機1基、不二輸送機ロボット1基、自動コンテナ詰め装置2基、搬送コンベアー(2階〜1階)他受注。(豆腐業界初めての新商品と新設備となる)豆乳濃度15%(私の豆腐-てのひらサイズのネーミングでテレビコマーシャルなど)
昭和63年8月 業界の実績が評価され、朝日食品工業(株)新工場様(西友グループ)より豆腐包装機ラインと自動コンテナー詰め装置2基受注
昭和63年10月 朝日食品工業(株)京都工場様より、汚泥乾燥プラント(生ゴミ、残飯を焼却)を受注
平成2年8月 (株)ソーエーマシン(現・ソーエー)様と取引開始、豆腐の包装ラインにおいて協定を結ぶ。叉(株)ソーエーマシン様より(株)ダイエーデイリフーズ様((株)ダイエー食品新工場)の包装機、搬送コンベア一、自動二段式冷却槽2基受注
平成3年3月 (株)ソーエーマシン様より(株)アイワイフーズ様(イトーヨーカドーの自社工場)の供給ラインを受注
平成3年8月 (株)ソーエーマシン様より三和豆友食品(株)様の自動二段式冷却槽1基、包装機、自動コンテナー詰め装置6台受注
平成5年5月 英国製サーマルプリンタ(熱転写式印字機)を入手、販売に向けてテスト開始
平成7年 サーマルプリンタを当社包装機に搭載し、販売(日本初・業界先駆)
平成7年5月 名古屋営業所開設
平成7年10月 国際包装展に包装機とサーマルプリンタを出展山崎製パン(株)様、コープこうべ様他数百台受注
平成8年9月 群馬県太田市東部工業団地内に自社工場を設置、包装機械(小型、中型、大型)の設計、製作を開始、全国の代理店を中心に販売
平成15年3月 (株)ブラザー機械工業と販売提携、山崎製パン(株)様専用角折包装機製作を依頼
平成16年10月 日本電産ネミコン(株)と代理店契約を締結し、日本初の超小型・超軽量サーマルプリンタを販売